LOG IN

お庭はワンダーランド/水切りヨーグルトと木苺のデザート

by KOU

食後にさっぱりしたデザートはいかかでしょうか。

Recette:水切りヨーグルトと木苺のデザート

《材料:2人前(たっぷり1人前)》
ヨーグルト・・・225g(1/2パック)
冷凍ラズベリー・・・50g
グラニュー糖・・・10g
レモン・・・1スライス

《作り方》

1.コーヒードリッパーにフィルターをセットし、ヨーグルトを入れ半日冷蔵庫に入れて水切りしておく。
2.耐熱容器に冷凍ラズベリー、グラニュー糖を入れてレンジで2分加熱する。
粗熱が取れたらレモンを絞って冷蔵庫で冷やしておく。
3.器に水切りしたヨーグルトと、2のラズベリーソースを盛って完成!


小学生のころのお話です

僕の幼馴染のおばあちゃんのおうちが、すぐ近所にありました。そのおうちには大きな庭があって、春になると苺が生り、菜の花が咲きます。夏はかき氷を作り、サトウキビをかじらせてもらった覚えがあります。秋には柿が生り、落ち葉を集めて焼き芋を作りました。そこには犬も猫もインコも、金魚もいた。ブロックを裏返すとたくさんのダンゴムシがいて、庭に転がっていたカメのなかにはよくヤモリがいました。まさに自然が詰まったワンダーランドでした。

そのワンダーランドで、土や草木を使ってよく遊びました。おままごととか。土を型に押し固めてケーキを作って、庭に咲き誇っていたお花や南天の実を摘んで、デコレーションしていた。そのころから料理やお菓子つくりは好きだったけれど、そこでより育まれていたような気がするし、今、「生き物」を大学で専攻している、そのルーツも、そこにあるかもしれない。あのワンダーランドに感謝しないといけないなぁ。

初夏になると、ワンダーランドでラズベリーを摘んだ。熟れて収穫に適したラズベリーは、優しく実を引っ張るだけでスポッときれいに抜ける。逆に、簡単に抜けないときはまだ収穫に適していないサイン。そういうことを実際に体験しながら学んだのは、とても贅沢な時間であった気がする。

ラズベリーがある程度収穫できたら、幼馴染のおばあちゃんがジャムにしてくれた。今はラズベリーの枝も老いたのか、収穫できる量が減ったらしい。ラズベリーのおやつを作るとそんなことを思い出す。




KOU
OTHER SNAPS